性器の皮の内側に病気の元にもなる恥垢が付着するので

一般的にはちょっとした仮性包茎だったら、ちゃんと皮をめくって洗うことによって、不潔になることを防げます。垢を洗い流せばニオイが気になることもありませんし、包茎の男性で早漏で悩んでいない人は珍しくありません。無駄な皮を取り除いた場合にできる皮を縫合したラインを境目に、これまでと新しく出てきたところの包皮のカラーに違いがあります。この現象が多くの人にツートンカラーなんて呼ばれている所以なのです。勃起すると、性器でとりわけ皮膚が薄くなっている亀頭と陰茎の境目あたりは、皮膚の下の血流で色がどす黒くなるので、ツートンカラーはまず目立たないのです。

 

最近の研究結果によると、性病の一つ尖圭コンジローマの症状が見られた男性から採った精液のサンプルから、一致するウイルスが見つかったので、精液によっても他の人に感染しているのだという研究もあります。ペニスにある性感帯の中で最高に大事なのが別名「裏スジ」という「包皮小帯」と言われる場所です。技術が低い医者が誤ってここを傷つけるようなことがあれば、パートナーとの快感が非常に低減することになるはずです。当然のことながら、日数が長くなるほどツートンカラーは解消されます。

 

外科的な手術を行って皮がむけた亀頭部分が、じわじわと自然な色合いになっていくからです。粒のような状態、苔のような状態、塊状のものといった状態により、個別に解消方法も違います。だから感染症である尖圭コンジローマの可能性があったら、専門医のいる病院の診察を受けることが大切です。ペニスの付け根部分や陰嚢とかお尻の方などというような、尖圭コンジローマによって発生したいぼなどが、コンドームが正しく装着されても隠し切れないところまで広がっている場合は、SEXのたびに恋人まで感染させてしまう可能性があることになります。

 

もし仮性包茎のペニスだとしても、きれいにしていることで性病などの予防が可能です。ペニスの見た目とかセックスにおいてメリットがあるのは確かですが、外科治療による悪い効果も否定できません。性器の皮の内側に病気の元にもなる恥垢が付着するので、皮で亀頭が隠れている仮性包茎の状態の人は丁寧に皮をめくって、臭い恥垢を取り除くことが重要です。イボについては手術によって除去することが可能です。

 

だけど今ではベセルナクリームというコンジローマのために開発された治療薬の力で、性器周辺のイボによる悩みを解決することもが可能になりました。いぼが悩みのコンジローマっていうのは、1年くらいたてば自然治癒してくれる人もいますが、何回も再発してしまうケースも多い感染症です。原因であるウィルスに効く薬は開発されていませんが、イボを無くすのは大丈夫です。

 

言うまでもなく、時間の経過とともにツートンカラーは消滅するものです。外科手術のおかげで包皮から出てきた亀頭部分が、徐々に周りと同じ色に変化するためです。いわゆる思春期の人で包茎状態の方は、恥垢がつきやすいケースが少なくありません。このことは新陳代謝のために起きているので、これぐらいの年頃で恥垢が付着することがあっても、格別に心配しなくてもOKです。